佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識

就労継続支援で押さえておきたい基礎知識

就労継続支援で押さえておきたい基礎知識について紹介します。基礎知識を押さえて、最初の一歩を踏み出してみましょう。

就労継続支援とは?

就労継続支援は企業などで働くことが困難な方を対象とした福祉サービスです。障がいや体調に合わせ、自分のペースで働く準備、訓練・仕事などを行うことができます。A型とB型の2つの種類があり、「雇用契約を結んで働くかどうか」と「対象年齢」で違いがあるのが特徴です。

就労継続支援A型は雇用関係を結び、原則18歳から65歳未満の人が対象。就労継続支援B型は雇用関係を結ばず、利用にあたる年齢制限がないのが特徴となっています。

就労継続支援の利用料とは

就労継続支援は国や自治体が行う障害福祉サービスの一環であるため、利用料がかかります。うち9割は国や自治体が負担し、残り1割を利用者が自己負担する仕組みとなっています。利用料は「利用日数」と「世帯収入状況」により異なりますが、世帯収入状況により自己負担月額上限額も定められています。

就労継続支援を受けるメリットとデメリットとは

就労継続支援は、A型とB型でサポート内容が大きく異なります。A型は、事業所と雇用契約を結ぶことで法律に守られた環境が保証されますが、一般就労に特化した訓練をおこなっていません。一方B型は、雇用契約を結ばないため短時間での利用が可能など比較的自由な働き方ができますが、その分工賃は低くなります。それぞれのメリット、デメリットを理解してサービスを選ぶ必要があるでしょう。

就労継続支援と就労移行支援の違いとは

「就労継続支援」と「就労移行支援」は同じく就労の支援を行う制度ですが、支援の内容が異なります。就労継続支援は実際に就労する場を提供するというサポートを行いますが、就労移行支援の場合はその先の一般企業への就職を目指した職業訓練などが主なサポート内容です。また就労後の不安や悩みに対応する「就労定着支援」という制度もあります。

それぞれの違いを確認し、より適した支援を受けられるように理解を深めておきましょう。

就労継続支援の見学はどのようにするのか

就労継続支援施設にはA型事業所とB型事業所がありますが、いずれも見学と業務体験をすることができます。長く安定して働くためには、仕事内容や事業所の雰囲気を把握して働くことが重要です。それぞれの事業所を見学するうえで、抑えておきたいポイントもあります。本記事では、就労継続支援施設の見学の流れと、事業所を見学する際のポイントについてまとめています。

就労継続支援事務所が抱える課題とは

就労継続支援事務所には、A型とB型があり、それぞれに抱えている課題があります。A型事務所は、ビジネスモデルとしてうまくいかず収益が出せずに、全体の約半数の事務所は経常収支差額が赤字となっています。B型事務所は、「就労支援ニーズが多様化」「工賃の向上」「人材不足」の3つが課題となっています。

就労継続支援事業所の選び方

就労継続支援事業所は、A型とB型という種類だけでなく、業種もさまざまな事業所が数多く存在しています。自分らしく、長く安定して仕事ができる事業所を見つけましょう。ここでは就労継続支援事業所の利用の流れとA型・B型それぞれの事業所の選び方を紹介します。

就労継続支援B型で行う就労アセスメントとは

就労アセスメントとは、就労継続支援B型の利用希望者が行うプログラムのことです。就労アセスメントを行うことで、利用希望者の作業やスキルを把握することができ、今後の就労の方向性を定めることに活用できます。本記事では、「就労アセスメントとは」というところから、就労アセスメントを行うメリットなどを解説しています。

就労継続支援と生活保護の併用について

就労継続支援は、生活保護と原則として併用ができます。しかし、事業所で働いて得た収入によっては、生活保護費が減額になることもあります。またA型の事業所で安定して働けている、と判断されると打ち切られる場合もあるのです。生活保護から抜け出せるといっても、収入が大きく減って生活が困窮したり、そのことにより不安になって安定して働けなくなったりすることもあるため、併用に関してはきちんと条件を理解しておきましょう。

就労継続支援と精神科デイケアの併用について

就労継続支援B型事業所を利用している人の中には、精神科デイケアも併せて利用したいと考える人も少なくありません。結論からいうと、就労継続支援と精神科デイケアの併用は可能です。本記事では就労継続支援と精神科デイケアの併用について、メリットやデメリットを解説しているほか、実例なども解説しています。

就労継続支援で行うレクリエーションについて

就労継続支援施設では、レクリエーションが行われることが多くなっています。たとえばバーベキューやスイーツ作り、果物狩り、スポーツなどが行われることがありますが、最近ではe-スポーツのレクリエーションを開催する施設もあるとのことです。本記事では就労継続支援で行われるレクリエーションについて、実施されるレクリエーションや必要性について解説します。

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ