佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識 > 就労継続支援の見学はどのようにするのか

就労継続支援の見学はどのようにするのか

就労継続支援を利用する前に、体験利用として見学をすることができます。長く落ち着いて働くためには、自分に合った事業所であるかを確認することは大切です。ここでは、就労継続支援施設の見学の流れについて解説します。

就労継続支援見学の流れ

就労継続支援施設を見学する前に、ホームページや電話などで問い合わせをして、見学するまでの手続きなどを確認します。最寄り駅から事業所までが遠い場合は、送迎をしてくれるところもあるのでまずは連絡してみましょう。

当日事業所についたら、見学に入る前に事業所で行われている業務についての説明を受けます。仕事内容を理解しておけば、見学時もスムーズに仕事の流れを把握できるでしょう。説明を受けた後、実際に見学に入ります。見学後はいよいよ業務体験です。1日のみの体験が可能な事業所もありますが、数日〜1週間ほど体験するケースが多いです。

就労継続支援見学時のポイント

A型事業所見学時のポイント

A型事業所を見学する際には、必ずスーツを着用して来訪することをおすすめします。なぜなら、事業所見学は面接と同じだからです。スーツと無関係の業務を体験する場合でも、スーツ着用を忘れないよう気をつけましょう。

また、見学時は関係者の人への言葉遣いに気をつけることも重要です。正しい敬語を使い、利用者への挨拶も忘れてはいけません。職員の方たちは、あなたが事業所に対してどのような興味をもち、どのように対応するかをチェックしています。

B型事業所見学時のポイント

B型事業所を見学する際には、作業内容が自分に合っているかをしっかり確認しましょう。作業しているスタッフの方たちがいい方ばかりだとしても、実際に働く内容が合わないと、長く働き続けることは難しいからです。作業内容が自分に合っているかを確認したうえで、事業所の雰囲気がよいか、働きやすい環境であるかをチェックしてください。

就労継続支援の体験談

A型事業所働きながら成長を感じている人の体験談

神奈川県横浜市の就労継続支援A型事業所「ほまれの家横浜」をメンバーとして利用しているイッシーと申します。2021年4月に当事業所での就労を開始し、7か月が経ちました。

・・(中略)・・じっくり先のことを考えたいけれど、無職の期間が長く続くと経済的にも精神的にも厳しいので、最低限のお給料をもらいながら、これからどうするかを考えていこう。そんな思いで、就労継続支援A型の求人を探し始めました。

・・(中略)・・私の特性やこれまでの経歴から、将来どんな仕事に就くべきかを真剣に考えてくださった点と、社長がこれから開設する事業所なので、こういうことをやりたいとか、アイデアがあったらどんどん教えてくださいといったお話をしてくださった点が印象的でした。

当時の私は、失敗続きで意気消沈していて、高いモチベーションを持てるような状況ではなかったのですが、ここならば視界が開けていくかもしれないという予感がしました。

選考を受ける立場であるものの、私自身もこの事業所を選び、ぜひここで働きたいと思えたのです。

引用元:ほまれの家横浜HP(https://qualityhomare.com/2021/11/19/20211119_column/)

A型事業所で3年間働いている人の体験談

「障がいを持っている」=「可哀想」「暗そう」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ここに書いてきた通り私は幸せな青春の「3年間」をTANOSHIKAで送る事ができました。
TANOSHIKAや支えてくださる皆さんに改めてお礼を言いたいです。

残りの人生も障がいがある事で辛い事や苦しい事が多いかもしれません。
でも、TANOSHIKAで学んだ事はきっとこれからの人生を光らせる武器になるでしょう。
私はそう確信しています。

私はここで過ごした3年間は神様がくれたご褒美だと思っています。
私はとても辛い人生を歩んできたけれど、神様がプレゼントでくれたんだって本気で思っているのです。

TANOSHIKAで得た技術という武器、そして教えてくれた優しさ。
それらを抱えながら、24歳も強く人生を歩いていきます。

引用元:AKARI HP(https://akari-media.com/2021/07/02/member-1089/)

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ