佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識 > 就労継続支援と精神科デイケアの併用について

就労継続支援と精神科デイケアの併用について

本記事では、「就労継続支援と精神科デイケアの併用は可能であるか」という点について解説しています。また、メリットやデメリットにも触れていますので、就労継続支援と精神科デイケアの併用を検討している方はぜひ参考にしてください。

精神科デイケアとは

精神科デイケアは、精神科で日帰りのリハビリテーションを受けられるサービスです。さまざまな精神疾患から社会生活が難しい人に対して、イベントを開催する、運動指導をするといったことを通して、社会生活を送ることができるようにリハビリを提供します。

精神科デイケアは、通院によってある程度疾患が改善した人が、疾患の再発を予防するために利用するケースが多いです。精神科デイケアで受けるリハビリテーションには高い効果が期待できるといわれています。

規則正しい生活リズムを習慣化させることで、仕事に毎日通えるような生活習慣を作ることができますし、体力づくりにもつながります。そのほか、さまざまなプログラムに参加することで、コミュニケーション力を養う効果が期待できます。

精神科デイケアを利用できる人は、発達障害や精神疾患といった疾患によって精神科に通院していて、現状は入院を必要とせず、容態が比較的安定している人です。現在通院をしていなくても、近いうちの就業を希望している場合は受け入れてもらえる可能性があります。

就労継続支援B型事業所との併用が可能

就労継続支援B型事業所を利用している人の中には、精神科デイケアも併せて利用したいと考える人がいます。結論からいうと、併用は可能です。就労継続支援は福祉が提供しているサービスであり、精神科デイケアはあくまで医療の提供ですので、必要としている人がサービスを受けるうえでの大きな制限はありません。

就労継続支援と精神科デイケアを併用するメリットとしては、利用者の居場所が増えることが挙げられます。また、医療面と福祉面両方の側面から評価を受けることで、自分の現状をより広い視点で確認することができる点も、メリットのひとつです。

デメリットとしては、複数の評価を受けることがプレッシャーになってしまう可能性がある点です。また体調が思わしくないときに、2箇所に通うことが負担になるかもしれません。また、精神科デイケアと就労継続支援でのアドバイスが異なることもあると思われますので、混乱を招いてしまう恐れもあります。

メリットとデメリットはどちらも同じ状況で利用者がどう捉えるか、という点が大きいですが、物理的または身体的に併用することが問題なければ、併用してみるのもよいと思われます。

実際に併用しているケース

実際に就労継続支援と精神科デイケアを併用している人のケースにはいろいろなパターンがあります。就労継続支援を週1回利用していて、そのほかの日は精神科デイケアをしている人、精神科デイケアに週5回通っていたけれど、就労継続支援を週5回にして、精神科デイケアを週1回にした人などさまざまです。

ひとついえるのは、精神科デイケアから就労継続支援に移行していくケースが多いことです。就労継続支援では、利用者が興味を抱く作業が用意されていることが多く、やりがいを感じられることから、精神科デイケアよりも通うことが楽しみになるようです。

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ