佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識 > 就労継続支援とは?種類や仕事内容などを紹介

就労継続支援とは?種類や仕事内容などを紹介

通常の事業所に雇用されるのが困難な方を対象とした就労継続支援。A型とB型に分かれ、それぞれ対象者や作業内容の特徴が異なります。ここでは就労継続支援の種類や仕事内容をご紹介します。

就労継続支援とは何か

就労継続支援とは企業などで働くことが困難な方を対象とした福祉サービスです。障がいや体調に合わせ、自分のペースで働く準備、訓練・仕事などを行うことができます。

就労継続支援にはA型とB型の2つの種類があるのが特徴。この2つには「雇用契約を結んで働くかどうか」「対象年齢」という2つの大きな違いがあります。どちらも福祉事業所で働くことになりますが、仕事内容は事業所によって異なります。

就労継続支援A型の対象者と作業内容

就労継続支援A型は雇用関係を結び、原則18歳から65歳未満の人が対象となっています。一般的なお店や企業での就労とほとんど変わりません。異なる点としては、就労時間が短く給料が低いケースが多いことです。

一日あたりの就労時間は4~8時間程度。就労継続支援A型はカフェのホールスタッフやパソコンでのデータ入力、インターネットオークションの作業代行などの仕事があります。幅広い仕事があるため、自分に合う仕事を探しやすいでしょう。

就労継続支援B型のサービス内容

就労継続支援B型は雇用関係を結ばず、利用にあたる年齢制限がないのが特徴。障がいや難病を持つ方のうち、年齢や体力などの問題により一般企業で働けない方が利用できる福祉サービスです。

雇用契約ではないため、賃金ではなく生産物に対する工賃が支払われるシステムとなっています。比較的簡単な作業が多く、短時間から働くことが可能です。

就労継続支援B型のサービスとしては、農作業や部品加工、パン・クッキーなどの製造、Webサイトの作成、データ入力などが例として挙げられます。スケジュールや作業時間は事業者や利用者ごとに異なりますが、自分のペースで働くことのできる事業所が多いのが特徴です。

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ