佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識 > 就労継続支援B型で行う就労アセスメントとは

就労継続支援B型で行う就労アセスメントとは

本記事では、就労継続支援B型で行う就労アセスメントについて詳しく解説しています。

就労アセスメントとは

就労アセスメントとは、就労継続支援 B 型事業の利用希望者に対して就労移行支援事業所などが行う就労面のアセスメントのことです。ここでいう就労アセスメントは、利用希望者の現在のスキルや希望などを診断し、今後の進路決定に役立てることを指します。

就労アセスメントの方法は、利用希望者がそれぞれの就労支援事業所で展開しているプログラムを行い、スキルや取り組み方などを事業所で確認します。

ここで覚えておくべきなのは、就労アセスメントは利用者を「判定」するものではないということです。就労アセスメントで一定の診断が得られなかったとしても、それは生活力がないということにはつながりません。働く力と生活力はまた別のものであり、就労アセスメントでは利用者が働くうえでの可能性を評価するものです。

就労アセスメントを行う利用希望者は、前向きな気持ちで行うことが望ましいです。

厚生労働省の「就労移行支援事業所による就労アセスメント実施マニュアル」では、「アセスメントにより把握された情報は、一連の就労支援が行われる中で、各機関によって共有・更新され、長期間にわたって活用される」としています。そして、就労アセスメントは、就労継続支援B型利用の「可否」を判定するためのものではないことも記載されています。

就労アセスメントの利用対象者

就労継続支援B型で就労アセスメントが必要となる利用希望者は、主に以下の項目に該当する人です。

  • 特別支援学校を卒業後、すぐに就労継続支援B型の利用を検討している
  • 就労継続支援B型から就労継続支援A型への移行を検討している
  • 就労継続支援B型から一般就労への移行を検討している
  • で実際に移行したものの、体調の変化などにより再び就労継続支援B型への移行を検討している

就労アセスメントを行うメリット

就労継続支援B型の利用希望者が就労アセスメントを行うメリットには、さまざまなものがあります。

ひとつは、利用希望者が自分の障害についての理解を深められるという点です。自分は何が得意で何が不得意かを理解することで、事業所はもちろん利用希望者本人も就業における方向性や可能性を知ることができます。

また、就労アセスメントを行うことで、就労継続支援B型に対する理解を深められる点も、メリットのひとつとして挙げられます。就労継続支援といってもどのような事業所なのかわからない、どんなサポートをしてもらえるか理解していないとなると、就労継続支援を十分に活かすことができないかもしれません。就労アセスメントを行うことで就労継続支援についてきちんと理解し、納得したうえで利用を開始することはとても重要です。

就労アセスメントを行うことは、利用希望者だけでなく事業所側にもメリットがあります。より多くの利用希望者に就労アセスメントを行ってもらうことで、アセスメントプログラムより向上させることができるという点です。利用希望者のスキルや作業をより正しく把握するために、プログラム内容は日々更新する必要があります。利用希望者が就労アセスメントを行うことで、データを集めて今後の就労アセスメントの品質向上につながります。

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ