佐賀県 就労継続支援施設一覧 > 就労継続支援で押さえておきたい基礎知識 > 就労継続支援で行うレクリエーション

就労継続支援で行うレクリエーション

本記事では、就労継続支援で行うレクリエーションについて、どのようなレクリエーションが行われるのか解説しています。またe-スポーツを取り入れている事業所についても解説するので、佐賀をはじめ全国での就労継続支援の利用を検討としている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

レクリエーションの必要性

就労継続支援におけるレクリエーションの必要性は、身体機能や脳機能を活性させること、コミュニケーションを促進させること、生活の質を向上させることの3つがメインとなります。

ただしレクリエーションは就労継続支援施設において、利用者の方にとっての楽しみともなるはずです。レクリエーションは心身の障害を軽減させるためにも役立ちますし、身体を適度に動かすことで脳への刺激も与えられます。

またレクリエーションで利用者の方が楽しむことにより、ストレスを解消させられたり心身を良い状態にしたりすることができると考えられます。つらい状況の中で働いている利用者の方々が仕事の合間にレクリエーションでほっと一息つくことにより、心身の回復が促されることもあるはずです。

したがって就労継続支援施設でのレクリエーションの必要性とは、利用者の心身の活性をうながし、日々の生活を楽しくするためのものと言えます。

どんなレクリエーションを行うのか

就労継続支援施設におけるレクリエーションでは、研修旅行や懇親会、果物狩りなどの行事が行われることが多くなっています。また施設によっては絵馬をつくったり、書き初めをしたり、タイピング大会を行ったりして利用者の方にさまざまな体験と楽しみを提供していることもあるようです。

またバーベキューやスイーツ作り、餅つき大会、スポーツ、ハロウィーンパーティー、クレープ作りなど、施設ごとに多種多様なレクリエーションが実施されています。クレープ作りのレクリエーソンではたくさんのフルーツやクリーム、デザートソースを用意して、利用者が好みのクレープを作り、自由に食べられる方式で実施されたそうです。そのため利用者の方の満足度も高く、実施後は明るい気分になれたことでしょう。

いずれも利用者が体験として楽しめて、他の人との交流もはかれる内容となっているので、利用者の方の能力向上に役立つのではないでしょうか。

e-スポーツを取り入れている事業所もある

e-スポーツとは「エレクトリックスポーツ」の略称であり、パソコンなどの電子機器を用いてスポーツを疑似体験するものです。障害を持つ方でも、自身の得意な分野や個性を発揮して活躍できる可能性があることから、佐賀をはじめ多くの就労継続支援施設で取り入れられているレクリエーションです。

就労継続支援施設の中にはe-スポーツをレクリエーションの一環として取り入れているところもあり、e-スポーツをおこなうことには他のプレイヤーとの交流によるコミュニケーション能力向上や、スポーツの実践から試行錯誤することによる対応力の習得、ストレスやモチベーションを自身で管理する能力の向上などが期待されます。

e-スポーツを実際に導入している就労継続支援施設では、実施する大会当日に利用者の動画や写真を撮影するなど、利用者の思い出に残るサービスを提供していることもあります。

佐賀でおすすめの

あなたにぴったり
就労継続⽀援施設は

こちら

イメージ